Office

952 Ramaland Bld. 13Fl., Rama 4 Rd., Suriyawongse, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand

Tel & WhatsApp:

(+66) 092-223-8142

Email: info@kanashimada.com

LINE@:​ @xii6851o

© 2018 Kana Shimada Wedding & Co.

Salon

Lilac by 106 Hair Studio 111/1 Thonglo 5 Alley,

Klong Tan, Watthana,

Bangkok 10110, Thailand

February 22, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

タイ(海外)ウェディング事情①

March 16, 2018

皆さん、こんにちは! 

バンコク在住トータルビューティー&ウェディングプロデューサーKanaです。

 

日本は寒い寒い冬も終わり春目前、爽やかで素敵な季節を迎える頃でしょうか。

タイは一年で1番いい季節な乾季があっという間に終わりを迎え、とうとう真夏季の到来です( ´ ▽ ` )

 

さて、今日からタイウェディング事情をシリーズ化しお届けしようと思います。

 

海外ウェディングはとってもハードルが高いと思われがち(高い部分も勿論ございます)

 

ですが、実際に海外でウェディングをされたお客様のほとんどは、「実はそうでもなかったんだ!」と驚かれます。

 

ハードルが高いのでは?!と思われる主な理由は:

 

・言葉の壁

・日本とは違いすぎるウェディングシステム 

・ヘアメイクやドレス、ローカル業者を使う不安

・コスト面 

 

etc.....

 

第1回目の今日は「言葉の壁」と「日本との違い」についてお話ししましょう:

 

言葉の壁は確かにございます。タイにございます大手ホテル等は日本人スタッフ常駐と言う場合もございますが、少なく、ウェディング担当に日本人ホテルスタッフが居る所は一社くらいしか思い当たりません。

 

タイの公用語は勿論タイ語。ホテルや大きな(ウェディング)会場のスタッフは英語も喋れますので英語が堪能と言うお客様はご自身で直接ホテルや会場の担当者とやり取りをし、ご準備を進めて行かれる事も可能です。(*英語のレベルは会場担当者によってまちまちです)

 

しかし、英語に自信のないお客様、語学は問題ではないが共働き等お忙しいと言うお客様には弊社の様なウェディングプロデュース会社のご利用をお勧めさせて頂いております。

 

「日本のウェディング事情と全く違う所」それは会場/ホテルの担当者=ウェディングプランナーではない。。。プランナーではなく、窓口/ご手配役という所が最大の違いです。 

 

そこでプロデュース会社を利用するメリットとは?!

 

お国柄あるある?!

 

よく聞くお客様のお声その1:

英語でやり取りをしていた。リクエストに対し、NOと言われる事は殆どなかった、が蓋を開けて見たらあまり理解して頂けていなかった様で、OKと言われていた事のうち何点か全然話が伝わっていなかった。。。

 

最悪なケースは当日無理と言われたなどなど( ̄∀ ̄)

 

 

そうなんです。タイ人は基本的にとても優しく、気さく。リクエストも出来る限り聞いてあげたいサービス精神旺盛なので基本的にOK!と言ってくれます。

 

全く悪気は無いのですが、難しかった事をこちらに訂正の連絡をするのを忘れてしまう事が時々あるようです(笑)

 

先程もお伝えしましたが、英語しゃべれます!と言うスタッフの英語スキルも人それぞれ。

 

「Yes, okay!ダーイカー(タイ語で大丈夫の意味)」と言っていたので分かってくれていると思っていたら英語の意味を理解して貰えていなかったという事もしばし。。。

 

でもご安心を!これは日本語同士でもメールや電話でやり取りしている中でミスコミュニケーションは発生するのと同じ。

 

*長年お仕事でお付き合いしていると今のお返事は怪しいなと、大体相手の行動が分かってくるのです(笑)

 

私共が念には念を重ねて確認、連絡事項を率先して徹底します。

 

よく聞くお客様のお声その2:

ホテルや会場へメールでのお問い合わせについて。これも私どもの元へお客様からSOSが入る理由の大きな1つ。日本では当たり前にお問い合わせ窓口へメールすれば数日以内に返ってくるものですよね。

でも日本では常識なメールの返信も残念ながら海外、タイも例外ではなく当たり前で無いのです。

 

はなかなか/全く返ってこない事も多々。。。

 

一体何のためのお問い合わせ先?!

 

ごもっともですが、人手不足なのでしょうか?タイ(海外)あるあるなんです。。。

 

でもご安心ください!弊社はそんな状況にならない様、過去のお取引や長年タイにて作り上げて来たネットワークを駆使し、直接担当部署へとコンタクトを取ることにより、スムーズかつ迅速に責任を持って進行&フォローアップをさせて頂きます。

 

お客様のお声その3:

最初はご自身で直接ホテルとやり取りしていたけれど、全然進まない。と途中から引き継がせて頂くケースも多く、ホテル側が何も提案をしてくれないんですよね。。。と良くご相談を受けます。

 

ご自身でお式、披露宴、お花、フォト/ビデオ、etc.各種お手配をするがタイを始めとする海外ウェディングの主流です。自身が主体となって何事も進めて行くのはめんどくさい。。。

 

そんな方に変わってご準備をお手伝いさせて頂くのが私共のお仕事です。セルフプロデュースが基本だからこそ、何を持ち込むにもプラス料金、基本型からあまりカスタマイズが出来ない日本の結婚式とは違い、自由でオリジナルな理想のウェディングが叶うと言うのが海外ウェディング最高のメリットです♡

 

海外ウェディングも気になっている、視野に入れている、迷っているでも不安や分からないことが沢山。。。そんなお客様はどんな事でもお気軽にご相談下さい!

 

Contact  

 

For your happily ever after...♡

Kana

 

次回へ続く♡♡♡

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square